タンパク質を摂るか、新作の洋服を取るか… 糖質制限貧乏女子

私のダイエットの失敗談を紹介します。
私は、ダイエットには食事がとても大切だと思っています。
運動も大切だけど、毎日ジョギングしたり、仕事終わりにジムに行ったりするのは大変だ思いました。
食事は毎日欠かせないものだし、少しずつでも痩せられればいいなと思い、食事コントロールでダイエットに挑戦しました。

最初は、とにかくカロリーを減らそうと野菜でカサ増しする作戦をとりました。
毎日、カット野菜を買ってきてはお皿に盛り、ドレッシングをほんの少しだけかけて食べていました。
一週間くらいは続いたのですが、とにかく飽きてしまって続きませんでした。
カット野菜はレタスやキャベツ、大根などあまり種類が多くなく、ドレッシングも薄味に耐えられなくてだんだん多くなってきてしまいました。

次は、とにかくたんぱく質を増やす作戦をとりました。
その頃、糖質制限ダイエットが流行っていたので私も同じく飛び付きました。
お米の量を通常の半分まで減らし、その分たんぱく質の摂れるおかずをたくさん並べました。
納豆や豆腐は常連で、肉や魚のメインを増やしたりしました。
また、豆乳を飲むことも多くなりました。
カフェに行って、ラテとソイラテがあったら必ずソイラテにする徹底ぶりでした。

効果のほどは、2週間で-1.5kgくらいです。
なかなかの効果と思いましたが、その頃には納豆や豆腐、豆乳に飽き飽きしてしまいました。やはり同じものばっかり食べるのは続かないなと思いました。
また、この頃はたんぱく質を増やすため、鶏肉やお刺身、良質な油も摂れるというサバ缶などを買うためにスーパーに通いつめていました。気がつけば実家暮らしにも関わらず、月に一万円もスーパーでお買い物していました。自分でもびっくりしました。
痩せたくて一生懸命やっていたので、泣く泣く新作のお洋服や欲しかったコスメを買うことを諦めることもありました。
かわいくなりたくてやっているのになんだか間抜けなことになってしまいました。
糖質制限は、効果はあるかもしれないけれど経済的とは言えないダイエット法だと思いました。
スラリオ

カテゴリー: 未分類 | タンパク質を摂るか、新作の洋服を取るか… 糖質制限貧乏女子 はコメントを受け付けていません。